ウォール伝、はてなバージョン。

革命家/修道士による日々の思索を頭をクリーニングするかの如く書き連ねるブログ。

令和スペシャルその4。

続き書こうと思ったんだけどなんかもういいやっつーか気が済んだんで前に書こうと思って書いてなかったやつなんだけど「文系博士・西村玲さん、研究では食っていけずにネットで知り合った男と結婚後、離婚届提出した日に自殺」なんつーのがあって4月10日とかだったかな?んでまぁ今は分からんけどちょっと話題になってたときにまとめとか読んでたんだけど大体調べないで色々書いたりツイートしてるんだなと思って結構唖然としたんだけどまぁ記事的には優秀な学者のたまごが就職できずに自死!みたいなセンセーショナルに出しておけばいいだろう的な野次馬館たっぷりな感じなんだけど実際は確かに就職が厳しかったってのはあるんだけど「やべーな」って思ってまぁなんだろう、40手前ぐらいまでは良い研究結果出してれば就職できるとかまぁなんとかなるだろうっていう感じだったのが意外と就職できなくてんでまぁ安定が欲しい!ってことでネットで知り合った医者だかの男と結婚したんだけどまぁここがポイントですよね。

 

nakajimahiroshi.xblog.jp

 

自死の理由というのは色々あると思うけど端的にこの酷い旦那と旦那の家族に陥れられた感じなんだよねっつーのがまぁネットで知り合って結婚っつってまぁ急いでる感はあったんだろうけど旦那のアプローチが異常だったんだってね。まぁ色々と売り言葉に買い言葉だったんだろうけどんでまぁ結婚して分かったのが統合失調症持ちだったっつーのと結婚後に勝手に自分で薬飲むのをやめてんで症状が出てきてとにかくまぁめちゃめちゃなことをされたっつーところなんだよね。んでまぁこの統失の旦那の両親も意図的に統失だっつーのを隠してて見繕ってまぁ結婚させたみたいな感じなんだよね。

 

まぁ不幸が不幸を呼んだと言えば簡単だけどまぁ確かになんでそんな男と結婚したんだ?っていうところはあるにせよまぁその結婚を急がせたのが就職難ってのもあってまぁなんたら賞を取ったりするぐらいの明らかに客観的に見ても超絶的に優秀な人だったらしいんだけどその旦那と結婚してとりあえずまぁ良かったなっつーところでまぁ全然良くなかったんだよね。んでまぁ死ぬ前ぐらいはここ数か月で一気に色んな事がダメになってしまってもう研究とか考えられない・・・ぐらい追い詰められてて離婚届を出した後に自殺したっていうことなんだけどまぁこれって旦那とその家族のせいだよね。

 

就職難というのは間接的でしかないんだわ。どっちもどっちというか逆に仕事はうまく行ってても相当サイコなやつと結婚して家庭がめちゃめちゃになったりしたらそりゃメンタルやられてそれが原因でうまく行ってる仕事に支障をきたしたりするようにもなるだろうしまぁそれって別にみんな潜在的にそうだよね。まぁこの西村さんはエピソード的なバズり感があるから記事になったりしたんだろうけど問題は西村さんだけの話じゃないよね。

 

いや、別にだから大げさに騒ぎ過ぎたってことを言いたいんじゃなくてまぁこんだけ優秀な人が就職できないっつーのは本当に不幸なことだなって思うしまぁ個別な話っていうか日本のアカデミアが・・・とかって言い出すとまぁまた別の話になるんだけどまぁあれですよね、所謂実学ではないものっているのいらないの?っていうところだよね。哲学科ってのはあったとしても例えばインド哲学だけに限ったような学科とかってニッチ過ぎて学部的に成立するのか?っていうようなところなんだけどまぁこれも昔にだいぶ書いた気がするんだよな。

 

まぁ俺は大学行ったようで行ってないみたいなもんだから実際の大学が何やるのか行ってたくせによく分からないんだけどまぁでも基本的にじゃあ文学科っつって日本文学勉強してたとかアメリカ文学でもいいんだけどまぁ俺だったらまぁリベラルアーツの単位で英語っつーまぁ語学っつーより国語的な意味での英語だよね。んでまぁアメリカ文学とかってのを読んだりするんだけどまぁそんなの実学とかどう食っていくのか?っていうことを考えたら無駄も無駄よね。でも大学はそういうのをやるところでしょうって言うとまぁ矛盾だらけなんだよね。

 

学歴云々っつってもまぁ哲学の知識だの文学の知識だのがリアル社会で役に立つってことは滅多にないだろうし教養はあるに越したことはないけどそれと生きていけるか?ってのは全然別問題よね。だからまぁエクストリームに言うと使えないような役に立たないような学部は廃止しろ!ってことになるんだけどまぁそりゃ哲学科とか潰されますわなっていうところはあるよね。

 

まぁあとそれで言えば学科としては成り立つっていうか優秀だったら研究者になったり研究機関みたいなところに就職できるかもしれないっていうのがあると思うんだけどまぁなんだろう、勝手な想像で言うと生物学とかかな。バイオ系というかなんというかただまぁ基本博士までいって超優秀じゃないと仕事無いみたいなまぁそういう意味で生物学者になるぞ!みたいな意気込みでやっているわけではないただまぁ生物学を選んだっつーレベルでの生物学なんつーのもまぁ就職には役に立たないし生物学の知識を要求されるような仕事ってのは基本的にやっぱりドクターレベルなんじゃないかと思うわけでね。

 

だからまぁ所詮学問ごっこでしかないんだよね。で、ただのごっこなんだけど大学の名前が有名だったり凄いね!っていうイメージがあると就職に有利だから別に生物学を一生やるとかじゃなくてもとりあえず有名大学の優秀とされる大学の理学部を卒業しました!ってことになるとイメージ良いわけだよね。でもまぁ受かったのが営業職とかでまぁ全然関係ないなっていうまぁでもそれ言い出したら学校でやってたことが社会に出ても役に立ったなんてことはあんまりないわけだよね。高等数学やってたにせよまぁそんな抽象的な数学を使う場なんてないしね。仮に使うとすればクオンツ的な感じでまぁそれがあれですわ、さっき書いたごっごじゃなくてガチでマスターかドクターぐらいまで行かないと基本それを武器に就職っつーかそういう分野で仕事をするってのは無理だよねってことになるよね。

 

でもまぁそれってさ、結局あれじゃんね、いつも書くけど金が軸の価値観だよね。まぁそりゃそうなるという必然性しかないですわ。何しろ生きていくには金が必要だからね。でもかといって金が介在するとか稼げるものが社会的な価値のあるものか?っていうとそうじゃないよね。むしろ剰余っつーかベーシックな冷蔵庫とかPCとかってもう新しく売れるもんじゃないから必要じゃないのを必要なんじゃないですか?とかいって売るとかね、あとまぁ暖かくなってくると必ず汗の匂い気になりませんか?みたいな
CMが出てくるよね。

 

ああいうのってまぁ醜形恐怖症じゃないけど自分は今めちゃめちゃ臭いんじゃないか?っていう神経症的なノイローゼになったりもするんだよね。トリガーされるっていうか。ただまぁ日本人って体臭そこまでキツくないんですよね。まぁ欧米人に比べたらね。じゃあ体臭のキツイ欧米人はみんな香水とか汗対策してるのか?っていうとそんなことないんだよね(笑)まぁ基本臭いっていうか汗かいたらそりゃ臭くもなりますわな。それって別に本人が臭いっつーより雑菌とかの匂いだからね。

 

あ、まぁ何が言いたいのか?っていうとショックドクトリンじゃないけどそれって実はヤバいんですよ?みたいな恐怖に訴えかけて商品を売るっていうまぁもう売るのが無いから恐怖に訴えかけるしかないみたいなところだよね。まぁそんな別に汗臭いぐらい超絶的に酷いならともかくまぁ匂うのはしょうがないだろうっつーところがまぁそうじゃないっつーことでそれはスメハラにもなるとかって言い出すと臭いをなんとかするものってのがまぁ売れるわけだよね。でもまぁそういうのって価値があるわけ?っていうとぶっちゃけないですよね。

 

需要なんつーのもそういうショックドクトリン的な訴えかけでねつ造されてるようなもんでさ、まぁかといっても本当に必要とされるもの=価値のあるものってことでもないんだけどまぁそこでいつもの俺の例の定型の話になるんですわな。金になる音楽と金にならない音楽みたいな対比ですよね。まぁ全く誰も聴かなそうな音楽でもそういうのをやり続けるということ自体に価値があるかもしれないしあとまぁそれ一本じゃ食っていけないけど狭い需要はあるみたいなまぁインキャパみたいなライブ映えするノイズユニットとかの場合はまぁめっちゃ需要あるけどまぁあの師匠お二方はそれ以上手堅さが無いぐらい手堅い仕事についてるからこそ安定して金にならないノイズをやれているってところはあるよね。まぁインキャパレベルだと集客が凄いから金にはなるんだろうけどそれだけでやっていくってなるとまた別だからね。

 

まぁんであれですよ学問ですよっていうかそろそろ1500文字いったかな?いや、5000文字ぐらいにするとかって言ってたけど思ったより連休長いんですよね(笑)でも連休中は令和スペシャルで毎日更新!なんて言っちゃったもんだからあーなんか書かなきゃなーってのが常にあるんだよね(笑)そんなの言わなきゃよかったなとか思いつつまぁ書きだすと色々まぁネタはありますよね。

 

いや、そんなに無いか(笑)まぁ前に書いたことの焼き増しではあるんだけどなんつーかあれなんだよね、西村さんレベルになると真面目過ぎるからそんな発想無いんだろうけど基本的に金にならなそうな学問を続けるんだったら親の脛齧り続けても後ろ指さされ続けてもやるべきなんだよね。実家が多摩だったか忘れたけど実家が東京にあるっていうこと自体のアドバンテージですよね。んでなおかつめっちゃ頭良くてプリンストン研究所とかに研究員で行ってたりっていうような人なんだったら就職とか気にしないで研究を続けるべきなんだよね。まぁそれが無理なのが真面目な人なんだけどね。

 

まぁんで西村さんへのディスで学歴とか業績から基本的に教職っていうか教授になれるようなのばっかりに応募してたからそんな贅沢言うなよ!みたいなのがあったけどまぁそりゃ自分のプロパー分野で仕事を探すでしょそりゃ。ただまぁ言いたいことは分かるんだよね。ぶっちゃけ研究続けられそうなぐらいSan値とか身体的な疲れとかがそこまでない関係ない仕事を仕事としてやりつつ研究を続けるっていう道はあったよねってまぁ分からんけどね。そういう機関とかに所属してないともう相手にされないのか分からないけどただまぁあれじゃないですか、あぶらだこみたいなバンドとかって長谷川裕倫さんが印刷所だかどっかに勤めてるんだよね。で、親にも仕送りをしつつ媚びないで基本的にバンドのスタンスを変えないで変にメジャーとか狙わないでやり続けることができているっつーところだよね。

 

こういう音楽の場合、それで食おうっていうかマネタイズしよう!とかって思うと大体終わるよね。クソみたいな歌謡曲みたいなのも作るようになるだとか例えばアルバムに数曲はラジオで流せそうなものをいれるだとかクソみたいな制約ができるわけだよね。まぁそれだと逆に売れないわけなんだけどまぁ妥協してそれやったところでもうバンド自体が死ぬから自殺みたいなもんですよね。だから一番いいのは親の脛齧れるなら齧り尽くしてただまぁ齧ってるだけだとやっぱりダメなんで齧ってるからこそ出せる驚異のアウトプット!ってのがあるわけでしょ?大衆迎合しなくていいっていうね。

 

食えなさそうなバンドやってるやつで続けられるやつは実家が金持ちのやつだっつー妬みみたいなのがあるけどまぁそれで良い音楽作れてたら最高ですよね。音楽でなんとか食っていけないか?なんつって妥協しなくて良い結果、まぁすげーエッジが尖ったようなのを出し続けたりできるわけでしょ。まぁそれで言うと学問も同じだと思うんだよね。読む人いないだろうっていうかこんな分野に誰が関心を持つのか?っつーようなもんでも自分はめっちゃそれに関心があってなおかつ業績とか残してるならそれをライフワークにするべきだよね。

 

なんかそれってさ、人生の安定とかを求めると極められないものだったりもするよね。まぁ今はこれ選んでれば安定するなんつーのが無いから安全神話みたいなのがないからまぁやれることとりあえずやっとけっつー感じなんだけどまぁ安定って本当に恐怖のどん底に陥れる言葉なんだよね。この先どうするの?ってそれってまぁイコールそれで定期的な収入を得ることがこの先ずーっと可能なのか?っつーところでしょう。でもそんなのって今は大丈夫だって思われてるような職種とかですらも5年先はヤバいとかっつー話なわけでさ、なんかまぁ本当に究めようと思ったら世間体とか安定求めちゃダメってことだよね。

 

西村さんが本当に惜しかったのは悪質な家族ぐるみで統失を隠して結婚させるような男に捕まっちゃったってのもあるんだけどまぁしょうがないにしても安定を求めちゃったことだよね。でもまぁさ、色々と下を見るとキリがないんだけど東京に実家がある時点でぶっちゃけもう安定してるっていうかそこでまぁ自立して家を買って家族も持って・・・って考えるのは分かるんだけどそれをニッチな分野の研究でやるってのは逆に難しいよねっていうかノイズパンクバンドやりながらそれ一本でやり続けて安定を求めるっていうかそれで家も建てるとかって考えるのは無理があるよね。

 

だとすればもうやっぱりどっかで決めないといけないんだよね。もうとりあえず自分から音楽抜いたら何も残らないからなんとしてでも今のノイズパンクバンドは続けるぞ!っていうことなんだったらもうそれはパンクロッカーとしての道を選んだってことだよね。実際は工場とかで働いているのが生活の大半なんだけど肩書はパンクロッカーでそれでいいわけだよね。それで食えてるか食えてないか?って関係なくて食える食えないってただの経済の話で良い音楽をやれてるのかやれてないのか?っつーところだよね。

 

まぁ研究っつーとすげー前だけどこういうトピックを書いてて書き込みくれた人がいてその人は所謂文系みたいな文献とかがあればなんとかなる場合はいいけど実験とかを必要とするようなものはやっぱり研究機関に所属してないと厳しいんじゃないでしょうか?みたいなことをおっしゃっててそれは本当にそうだよなって思うんだよね。個人で研究機具を買うなんて無理だしそこはもう大学なり研究所とかの施設が必要になるよね。ただまぁー皮肉なもんだよね。小保方みたいなのが高給取りながらヴィヴィアンの服で全身を固めてインチキをずーっとやってたみたいなのがまかり通っていて一方でガチの世界レベルの研究者であった西村さんが度重なる不幸で追い詰められてしまったっていうのは悲劇でしかないよね。

 

まぁだから思うんだよね。学問もそうなんだけど音楽にせよ美術にせよ金にならなそうなものがダメってことじゃないんだよってすんげーだいぶ譲歩して言ってるけど(笑)なんかとにかく繰り返し言うけどなんでも金を軸にしないでくれ!ってことなんだよね。もうそれが良かったらそれでいいのよね。仮に単著一冊でそこからはもうそれで食えないんで研究の道を諦めたって人でもその単著のクオリティが高かったらもうそれでとりあえずいいんだよね。今何してようがね。一枚アルバム出して解散したバンドとか食えないからっつってみんな就職して解散になったっつってもその一枚のアルバムが一般的にレジェンドと言われるレベルじゃなくてもまぁ分かる人には分かる感じで通には名盤!とされるものとかを残してたらもうそれでいいんだよね。

 

なんかそれってキャリアとか普段何をしている?とかさ、金がどうとかっつー話じゃないじゃんね?まぁ金にならない研究を続けるってのも大変だしそれは音楽然りなんだけどただまぁやってる人はいるからね。まぁただ大変だって思うんだったらまぁそりゃ続かないよね。もうそれが楽しいしライフワークだからやめるという選択肢がないっていう人が続けられるのがベストでんでそれを続けるんだったら俺的にはかっこつけないですねかじりとかヒモとかでもいいからそれ続けろ!ってことなんだよね。文化ってのは基本的にパトロンがいて成り立っているわけでまぁそういう歴史があるものなんだからそこは文化を担ってるんだ!っていう矜持があっていいのよね。

 

ついつい尺度を食える食えないとか先の安定とかっていう風に考えがちだけどそうじゃないんだよね。人生ってのは常に今ここにあること以外ありえないわけだからね。そういう今!の連続なわけで。結局なんか頭で思い描くような安定とか絵に描いたような家族とかっつーのってただの観念だからね。そういうのを求めるのがまともだって言われてもぶっちゃけそれははっきりいって病んでますよね。そんな妄想をあるべきものとして想像して求めるってのは病んでますよ。健全な病ですよね。まぁ今ってそれがみんな分かってるから交際しないし結婚もしないのよね。まぁぶっちゃけもうそれは正解だとしか言いようがないわ(笑)

 

ましてや好きなことがあってそれは業績を残す!とか著書なり作品を残す!っていうことじゃなくて例えばプラモデルだのアニメだのなんでもいいんだけどとにかくまぁこのために仕事して生きてるようなもんだよなって思えるようなものがあってそれがあるおかげでそこまで楽ではない仕事も続けられるし何より生きていられるって場合もうそれは全面的にオッケーでしょう。だからそこで完結してるからイレギュラーなファクターを入れたくないって思うのは自然なことだよね。付き合ったりそれこそ結婚をすることでリソースが趣味に

 

割けなくなるとかさ、必然的に家を買わなきゃいけなくなるとかまぁ趣味に没頭はしていられなくなるよね。まぁそうじゃないカップルってのもいるんだろうけどただまぁそこで前に書いたか分からんけど元々まぁ俺って修行僧的な世界観好きじゃん?

 

で、最近は前にも書いたけどアトス山の修道院とかについて調べててまぁ色々読んでるんだけど修道士の生活とかってすんげーハードコアなんだよね。3時間ぐらいしか寝ないで起きている半分ぐらいは農作業とかの労働で他はあとは祈りっていうヤバいよね(笑)でもまぁ何がヤバいのか?ってまぁ現代人だったら考えられないぐらい全く生産性が無いことに凄まじい時間を費やしているっていうことなんだけどまぁそれが祈りなんだけどさ、でもまぁこれって単純にその修道士の祈りの部分を自分の好きなこととかやりたいこととか極めたいことっていうことに置き換えるとそれってそのままある意味理想的な生活と言えると思うんだよね。

 

生活に必要な労働はするんだけどそれ以外はただひたすら自分の好きなことをやる!っていうのはまぁ求道的と言えなくもないよね。まぁそこで仮に良い役職とかについてて使える金も豊富にあったらまぁバチェラー天下でしょう。結局まぁそういうバチェラーにとって必要なのは金もそうなんだけど趣味とか好きなことをやり続けられるぐらい生活に余裕があるってことだよね。例えばだからもう働き過ぎてて趣味とかをやる余力が一切ないとかだとダメなわけでそこそこ仕事やってあとは好きなことをやり続ける!ってことが出来ればぶっちゃけそれってめっちゃ幸せなことだと思うんだよね。

 

修道士とかもまぁ色んな理由で隠遁することになるんだろうけど基本的に帰依できるものにコミットし続けられるならそれは幸せなわけでしょう。苦しかったら続かないからね。だからまぁなんかね、基本楽しく生きなきゃダメなんだよね。だからまぁ浪費ではなくて好きなことに散財しまくって生活を豊かにするってのは一番望ましい生活だと思うんだよね。そこでまぁ今はコスパだの先が分からないから貯金しなきゃいけないだのっつって来年死んでるかもしれないのに形而上学的な老後を勝手に想像してそのために貯金してるとかまぁそれって我慢してそれやってたらリアルタイム自殺みたいなもんだからね。命を奪われない精神的な自殺っていうかね。

 

趣味に金かかるのは当然なんですよ。もしくは金がかかると労働しなきゃいけなくてそれがダルいって意味で金がかからない趣味を探すってのは全然オッケーだよね。基本自分の生活の今のクオリティの向上っていうことを望まないとダメだよね。そこでまぁ世間的にはあれしなきゃこれしなきゃ・・・みたいなイデオロギーに振り回されて望まない結婚をして没落するとか大変な思いをするとかファックですからね。

 

っつーか1500文字っつってたのに8000文字超えたぞ!よっしゃ!(笑)有言実行ですからね。いや、令和スペシャルは絶対完結してみせるわって書くことが目的化したらダメなんだけどね(笑)

 

まぁそんな感じで令和スペシャル続くと思うんで今後ともよろしく。

 

んじゃまた。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽のある暮らしへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ