ウォール伝、はてなバージョン。

革命家/修道士による日々の思索を頭をクリーニングするかの如く書き連ねるブログ。

令和スペシャルその7。音源蔵出し編。

あんまネタないからサルベージ音源アップしまくったんで令和スぺシャル蔵出しエディション!みたいな感じでいこうかっていうかただのごまかしなんですけどね、そろそろ寝ようと思ったんだけど連休明けまで毎日更新しなきゃいけなくてんで寝ちゃってなんのネタもないまま明日の夜0時になったら令和スペシャル崩壊しちゃいますからね。ってことでまぁアップした昔のやつなんだけどまぁ日付とか見ると8年前とかになっててそんなに前なのか!って唖然としますよね。んで一曲ノイズあるんで要注意で。

 

https://soundcloud.com/mimisemi/datereflex-mimisemix

 

https://soundcloud.com/mimisemi/milton-babbitt-x-kaoru-abe-ensembles-for-synthesizer-alto-improvisation-no2-mix

 

https://soundcloud.com/mimisemi/gordon-mumma-x-incapacitants-conspiracy-80

 

https://soundcloud.com/mimisemi/nuyorican-soul-x-4-hero-the-actionnuyorican-soul-intro-mix

 

https://soundcloud.com/mimisemi/shingonishinari-cocktail-mimisemix

 

https://soundcloud.com/mimisemi/mc-mimisemix-2

 

https://soundcloud.com/mimisemi/mimisemix-18

 

https://soundcloud.com/mimisemi/shingonishinari-mimisemix

 

https://soundcloud.com/mimisemi/love-is-the-devil-mimisemix

 

まぁそんな感じで長く書くわけじゃないんだけどあれなんだよね、よく見る夢というか未練があるのか?って思うのがさ、俺がアメリカにいるんだけど日本に帰るかアメリカに居続けるか?っていうのを主に金銭面でのことを考えてどうすればいいんだ?みたいに悩んでるっつー夢なんだけど色んなバージョンがあって昨日ちょうど見た夢だとっていうか夢に出てくるアメリカって俺が経験したやつじゃなくて行く前のイメージしてたアメリカみたいな観念的なアメリカなんだよね。

 

んでそんなのないんだけど夢の中で数学の最高学府みたいに言われてるなんたら数学大学みたいなのがあってそこに行きたい!っつってるんだけど学費が年間300万ぐらいかかるっつーんでそんなの無理だし数学で食えると思ってるのか?みたいなのを親というかなんか誰かに言われるんだよね(笑)

 

でも目覚めると別に未練無いんだよね。目覚めたモードだと実際のアメリカと良い面ばかりじゃないんで散々書いたけどどこも一緒でまぁ基本的に飽きるっつーのと金がかかるっつーんで特にいる理由もないみたいなあとまぁ学問でも好きなことやるんだったら自分でやったほうがよっぽど自由にやれるっていうのを知ってるからリアルだと未練はないんだよね。でも夢に出てくるっていうことは潜在的に葛藤してるっていうかアメリカでアカポスに就きたかったのか?って思うんだけど興味が色んなものにシフトしやすい俺が特定の分野だけで何かをやり続けるなんて絶対無理なわけで「は?」っていう感じなんだけどそういう夢を見るんだよね。まぁ別に頻繁じゃないですけどね。

 

あとまぁ昔すげーあったのが吉高由里子と付き合うことになって「やったじゃん!」みたいな周りに祝福されて「いやー生きててよかったっすよー」みたいにデレデレしてる自分がいて有頂天になってるんだけど目覚めて「夢だったか・・・」って思うっていうパターンでその付き合う相手にバリエーションがあるんだけど基本多いのが吉高由里子鳥居みゆきなんだよね。前者は単純に昔から好きで基本的に一途だから変わってないんだよね。

 

10年ぐらい好きだと言い続けてるような気がするしとりみーに関しては外見もさることながら才能とか頭の良さとかセンスにも惚れるっていうところがあってまぁリアルに好きなんだろうね。なんつーか誰がタイプー?とかって言われてサッと答えれるようなのって表層的なもんでまぁ最近だと波瑠がいいなぁーとかって言うと思うって言うか誰がタイプー?とかって聞かれるような機会が無いわけなんだけどなんで波瑠なのか?っていうと電車のドアに「出会い」みたいな広告で波瑠の顔が書いてあるからそういうサブリミナル的な効果もあるのか?とか思いつつ夢に出てこないってことはやっぱりまぁ吉高由里子ととりみーがリアルに好きなんだろうなって思うんだよね。

 

なんつーか簡単に波瑠がいいかなー?って言えるのはまぁ軽い感じで結構ガチな人の場合、ガチすぎるから言うのが照れるみたいなところがあるよね。まぁそういうような人が夢に出てくるんだろうなと思うと数学への未練というかアメリカへの未練ってのもあるんだろうか?って思っても目覚めるともはやアメリカに戻りたいとも思わないし今の生活が好きだし何よりキリスト教と神学と宗教全般やりまくれる今が最高だと思うんで逆にアメリカで数学やれますよしかも無料でって機会があっても行かないと思うんだよね。まぁそんなに数学の才能ないってのもあるんだけど何より関心がキリスト教にあるからね。

 

まぁ数学の才能無いって書いたけどあるんだけどその数学業界で言うところのまぁ将棋で言うところの羽生みたいなレベルの人が「ある」と言えるようなヤバい世界だからそういう神レベルと比べちゃうと無いとしか言いようがないっていうことなんだよね。ただまぁあとあれなのかな、まぁ学問的なシンボリックな意味での学問とアメリカのアカデミックな機関に所属するみたいな意味でのまぁ承認っつーのかね?フリーでやるっつーより正規でやるみたいなフォーマリズムへの未練があるとかってことなのか?とも思うんだけど起きている自分のマインドだとそんなの雁字搦めで面倒になるだけで今の自分に何のメリットもないって思うわけなんでそれもないよなって思いつつでも夢に出てくるってことはあるんだろうなとは思うんだけどそれが何なのかは分からないよね。

 

まぁあとなんかユートピア的なnowhereへの憧れみたいなことなんですかね?まぁそれが夢の中では幻想的な夢を抱いていたアメリカっていう形でシンボリックに出てきているってことなのかな?って思ってもまぁなんか納得がいかないよね(笑)起きているマインドだとまたピザとかサンドイッチ三昧か・・・っていうリアルな飯の話とか食料品買うのめんどくさいとかそういうことになるもんね。

 

ただまぁ一時そのあれなんだよね、彼女が出来た!っていうかその名前また書くの面倒だけど吉高由里子かとりみーと付き合えることになった!っていうのはすげーよく見てたんだけど最近は全然だよね。あとまぁ外出てもそんなに女子にフォーカスしなくなったっつーかまぁそれはあれなのかもね、何も見つからずに悶々としてるんじゃなくてこれだ!っつーものが見つかったからそれどころじゃないというかいつもの知的関心がトップに来るという俺らしいプライオリティだよね。

 

まぁあと基本滅多に外出ないけど外出てる時も今みたいにフォーカスすることがあると移動がただの時間の浪費だなとかって思うようになるんだけどただまぁ電車待ってるときとか乗ってる時とか病院で待ってる時とかは当然本を何冊か持ち歩いて読んでるわけだしあとまぁ先生にも言われてるようにどんな健常者でも一日中ほぼ体を動かさないで本っつっても簡単なのじゃなくてハイブローなのを読んでたら誰でも疲れるし調子悪くなるからたまに体を動かすとか外に出るとかってことをしたほうがいいっていうまぁ本当にそれなんですよね。

 

だからまぁ外出ってやっぱ大事だよね。あとまぁ実際なんか疲れるんだけど活性化するからね。脳が。あとまぁ永遠と起きて読書っつーループみたいなのを一瞬抜け出してまぁでも外でも本は読んでるんだけど環境が違うじゃん?まぁそういう変化って大事だよね。基本毎日体を動かさないで本を読んでるってまぁ独房に居て本を読み続けているみたいなことなわけでまぁその世界観は好きなんだけど別に独房である必要はないよね。

 

まぁいつでも外に出れるというわけじゃないんだけど別に都合つければ外出れなくもないわけだし例えば初詣行くっつって結局行かずじまいってのが去年からそうだからね。鎌倉行くっつって二年ぐらい行ってないとかどうなのよ?っていうね、ただまぁそんだけ色々と見つかったものにフォーカスできてるんだなっていうことでもあるんだよなと思うと確かにまぁ健康的な生活とはいいがたいんだけど確固たるごまかしが無いこれ!というものがあることの強みだよね。まぁそれがもう生きるバイタリティとか理由そのものになるっていうね、だからまぁ恋愛とかのプライオリティとかも下がると思うしまぁあとただの学問じゃなくて人生とか生に関わることだしまぁ精神世界的な神秘主義的なことも含んでいるから余計にフォーカスが行くんだよね。

 

まぁ思うに自分がガチでフォーカスできるものって哲学とか数学とかってそうなんだけど世界認識とかに関わる問題だよね。日々の認識とか世界をどう見るのか?っていう自分の認知そのものに関わることなんだよね。だから悪く言うと凄く学問的な細かい例えばなんたらの補題のなんたらの定理がどうの・・・みたいなことには関心が無いっていうね、まぁその時点で学者には向いてないんだよね(笑)哲学とかにしてもいつも書くけどライプニッツのだいぶ後になって見つかった書簡がどうの・・・みたいなのってまぁ本当にどうでもいいんだけど神学に関して言うと近年の神学者の書簡がどうのっつーよりかはずいぶんとまぁそれこそ原始ぐらいの時代のものでなんかが見つかったとかってなるとまぁそれってだいぶエピックだよね。少なくともトリビアルではないよね。

 

ただまぁ一方で細部にまでこだわる・・・ぐらいのディティールの細かさにまで関心が行くっていうのはまぁこれが無かったらっていうか仮にある程度読んじゃって読むのが無くなるということはしばらくは無いと思うけど早くやり過ぎて色々冷めてきたな・・・みたいになったら嫌だからっていうまぁ藁をもすがる思いってのは無くはないだろうね。

 

ただまぁホント、哲学を全く知らない状態から古代ギリシャからやる!ぐらいのボリュームがあるわけでんでなおかつキリスト教に限らずイスラムユダヤ教も副科ぐらいの感じでやるってことになると良い意味で膨大で安心しますよね。まぁこれがこないだ書いたゾンビ映画で食糧庫見つけてこれでしばらく生きれるぞ!っていう安心感に似ているっていうことなんだけどね。

 

だから一番怖いのは人生そのものに関心が無くなるということなんだよね。まぁキルケゴール的な絶望という病というよりかはある種のナチュラルな帰結としての悟りみたいなもんだよね。それは薄々分かってるけどそれ言うと生きていけないからっていうそういう扉を開けたらいけないんじゃない?っていうのがありつつも向かっちゃうんだよね。そこをまぁ引き留めたのがまさに自分にとっての人生初の宗教的な契機だったわけでそれによって生かされているみたいなもんだからだから神学的な意味での神に生かされているという概念もすんなり入ってくるんだよね。理詰めというより心情としてすんなり入ってくるっていうまぁ生きてきたからこその心情だよね。頭でっかちなものではなくてリアルな感覚だよね。

 

まぁただそれ言い出すとカルトとかに洗脳されるんじゃない?ってことになりそうだけどまぁ理性の塊みたいな俺がそうなるということはまずないよね。だからまぁ逆にカルトとかにも興味は出てるんだけどね。いや、なんでキリスト教とか仏教っていうオーソドックスでカルトとされていないちゃんとした宗教があるのにいたこ芸をやるインチキな教祖とかオウム然りだけどあとまぁエホバとか統一教会とかもそうだけど明らかにイルなものに行くのはなんでなのか?っていうところはあるよね。

 

いや、そりゃ単純にバカだからっていうことでもなさそうなのは知的にちゃんとした人とかも入ってたりするじゃん?なのに自分がメシアなのだ!とかって言ってるような宗教になんでハマるのか?っていうかそういうのを宗教とすること自体が問題あると思うけどね。

 

まぁそれで言うと完全に見た目とか自分の好み!っていうまぁさっき書いた夢に出てくるようなタイプの自分にとっての理想的な女性がいたとして仮に付き合える可能性があってもいつも書くのはそこで音楽の趣味が最悪だったりクソみたいな映画をフェイバリットとしてたら相当キツいっていうかそういう意味では外見よりもセンスとかの内面のほうが重要で外見とかもまぁある程度のライン以上ってのはあるにせよやっぱりそういう意味で内面だよねっていうことを考えると一番ありえないのが実は創価学会なんですとか統一教会なんですってことが分かったら何もかも吹き飛ぶよね(笑)

 

まぁでもカルトにもランクはあって創価学会とか相当マシなんだなってのを他のヤバいカルトとかを調べてて思ったよね。まぁオウムとかテロをするようなのは問題外でまぁ俺が言ってるカルトって社会的地位があるような人なんだけどその宗教に属してるみたいな「なんで?」ってなるようなカルトっていうことなんだけどね。ただまぁ本業に比べるとカルト云々はどうでもいい話だから全然プライオリティは低いんだけどただまぁなんつーか宗教的世界観にどっぷり!っていうわけじゃなくて並行して当然宗教社会学とかの本とかも読むわけよね。

 

そこはまぁ神信じないモードっていうか唯物論モードっていうとあれだけどまぁ逆にそういうのが無いと宗教って盲信になりかねないからヤバいよね。究極的に理的じゃないとある意味極められないのかな?って思うよね。そういう意味だと仏教の場合、理と信が凄く近い感じがするよね。ただキリスト教の場合、理と信の間に結構飛躍があったりして、だからこそまぁキリスト教というよりエックハルト的な神秘主義とかギリシャ正教みたいな世界観のほうがしっくりくる感じがあるよね。まぁよりあの世というか世俗的ではない宗教だよね。そっちのほうが理と信の距離が近いというかほぼ同一という感じがするんだよね。

 

っつーかなんか書くとやっぱりまぁある程度書き始めるとあれですね、色々出てきますね。まぁまだ連休明けまであるからまぁ今日はこの辺でいいやっつーか書けて良かったわー(笑)

 

ってことでんじゃまたね。

 

あとあれなんだ、今色々と調べてるアトス山なんだけど良いドキュメンタリーがあったんで貼っておくわ。

 

https://www.youtube.com/watch?v=U5pwfLRI-R8

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽のある暮らしへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ