ウォール伝、はてなバージョン。

革命家/修道士による日々の思索を頭をクリーニングするかの如く書き連ねるブログ。

令和スペシャル・エキストラ。

令和蔵出しスペシャルがまだ結構あったんで気がついたらアップしたりしてたんでまぁ貼るんでよかったら聞いてくれ。

 

https://soundcloud.com/mimisemi/dust-mimisemix

 

https://soundcloud.com/mimisemi/road-of-the-underground-physical-music-mix

 

https://soundcloud.com/mimisemi/you-the-rock-fukurou-honolulu-calcutta-mix

 

https://soundcloud.com/mimisemi/grand-prix-in-the-morning-mix

 

https://soundcloud.com/mimisemi/and-others-mimisemix

 

https://soundcloud.com/mimisemi/mimisemix-28

 

https://soundcloud.com/mimisemi/fuad-ramses-mimisemix

 

https://soundcloud.com/mimisemi/el-bombo-atomico-mimisemix

 

https://soundcloud.com/mimisemi/one-and-three-lights-mimisemix

 

f:id:mimisemi:20190510235436j:plain

師匠5確定!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

ヘブライ的なものっていうのを重要視し始めてからまぁ例のヘブライ語からの旧約聖書もあるんだけどまだイントロダクションすら読み終わってないけど(笑)言語的なディティールの話を見ているとヘブライ語自体に興味が湧いてきてんでまぁ本の中で言及されてるヘブライ語の歴史みたいな本とかがあってまぁ本のまた本っていう本を読むとまたそっから興味が広がったり単純に気になったものをディグろうとするとねずみ講的に読むのが増えるっていう典型的な感じなんだけどもちろん言語=民族ではないんだけどそういったヘブライ語旧約聖書の話を読んでいるだけでまぁこれは社会学とかで言うところの単純接触効果なのかもしれないんだけど触れているから好感というと言い過ぎだけどまぁやっぱ興味が出てくるんだよね。

 

 

んでまぁあと前に書いたっけ?ブーバーの全集もだいぶまとめて買って今やっと読み始めてるんだけどまだ色々書かないけどめちゃめちゃヤバいんだよね。なんつーか所謂表層的なあーなるほどユダヤ的な感じねーっていうような自分の理解っていうのがまぁなんつーか所詮はオリエンタリズム的だったんだなっていう軽視ではないんだけど浅さという意味でこんなに浅かったのか!っていう自分の浅学っぷりに呆れると同時にブーバーの所謂ユダヤ的と言えるような次元ではないリアルなユダヤの次元っていうのがあってそこにまぁマインドを開かされているというか言わば自分が思っていたヘブライ的な世界観の旧約聖書ギリシャ的なまぁ言っちゃえば西洋的な新約聖書ってのが両者を矛盾させることなくかといっても聖書に依拠した理解とか新約が旧約を補完しているといったようなものでもない両者が独立していながら調和ということでもない両者が矛盾することなく存在するという世界観に早くも目覚めたというかそこはまぁ自分の感性の鋭さと求める飢えとか渇きだよね。

 

貧しいものは幸いであるっていうのはまぁ渇いてるやつは幸いと言えなくもないよねだって夏にめっちゃ汗かいてうわーすんげー水飲みたいけどビールのために我慢しよう!っていうような意味でのビールという救いがある上での渇きだよね。まぁ俺はもう酒飲まなくなったけどまぁ夏の炭酸飲料ってことでもいいや。

 

そこでまぁ実存的に相当やられているっていうより結局まぁ考え付いた先がまぁ結局何にもないとか虚しさしか見当たらないみたいなそういう壁だよね。まぁそういう実存の僻地というとおかしいけど僻地っつっても集合している場所ってのが無難ななんとかやっていける実存の考え方とかレベルっていうことだとまぁそれが集合する都市部みたいなもんなんだよね。まぁ大体この辺だろうっていう。ただ行き過ぎるやつは僻地まで行っちゃうんだよね。んで先は崖しかねーんだよってことを知るんだけどかといっても飛び込むわけにもいかないし都市部に戻るというのも無理そうだっていうことでっていうか一時的には都市部に戻ってもまた結局僻地に戻ってきてしまうっていうようなね、そういう次元というのを超すものだよね。認識というのは。

 

まぁ真の宗教的次元っつーのかね。3次元と4次元の差があるよね。ただ3次元だと結局どこにもないんだよね。場所は。ただ4次元から見るとそもそもの場所とか移動できる範囲の概念が変わるから世界観が変わるんだよね。

 

まぁそういう入り口に来ていたのがここ最近でんでまぁちょっと前に書いたそのユダヤ的なものへの目覚めだよね。ギリシャ的っていうのはまぁ前にも書いたけどぶっちゃけ哲学やってるとデフォで深いかどうかは別として割とまぁ馴染みがあるんだけどユダヤ的なものっていうのはなんか神秘主義的で・・・みたいなまぁそれこそオリエンタリズムだけどそういう次元の理解しかなかった気がするんだよねっつってもまぁ一時期カバラの本とかは読んでたからそこまで浅くはないしマイモニデス然りだしまぁ自分の中で師匠と呼び名をつけてる偉人がまぁ1はチョムスキーで2がショーペンハウエルで3がレオ・シュトラウスで4が保田与重郎という感じでしょう。

 

で、5が一気にブーバーというぐらいの大きさなんだよね。ジーザスとか聖書ってのは人間としてカウントしないけどだったらまぁパウロとかじゃないの?っていうことにもなるんだけどまぁその辺はまた読んでないけどJacob Taubesが読んでないのにもうこれだな!って分かってんのよね(笑)

 

Taubesが言うようなめっちゃユダヤ的なキリスト者というまさにそれなんだろうなと思うわけ。ただそれは例えば東洋人だからといって東洋思想にみんな詳しくて例えば仏教国だったらみんな仏教の理解の度合いがめっちゃ深いというとそういうわけでもないわけでそれはユダヤ然りでしょ。

 

一応人種としてユダヤ人になってるけど全然そんなの気にしないっていう人のほうが多いだろうしまぁアメリカとかでも宗教離れって言われてるわけだしまぁそれ言い出すと世界的にそうなんだけどようはそれってまぁ俺がめっちゃ日本的なものの究極系として保田師匠にめっちゃ系統したのと同じでそれは自分の民族ではないんだけど思想としてのユダヤというのが保田師匠並にめっちゃ濃いラディカルな文化としてのユダヤなんだなっていうところでかといってもユダヤ系思想家がみんなそういう考えなのか?っていうとそりゃ三島と保田師匠とかあとまぁGWセールで言及とかしてるくせに本持ってなかったのかよ!って言われたらハズいんだけど折口信夫とかまぁ角川ソフィア文庫だよね。あれでまぁセールでまとめ買いしたのとあとまぁあれだ柳田國男ね。

 

まぁ折口にせよ柳田にせよ何冊かは持ってるけど読んだ時点でそんなに日本人としての開花が無かった時期だから全然ビビッと来なかったのもあるんだろうけどまぁそれ言い出すとGWのキンドルセールって何気にヤバくてフィジカルのロマンスを忘れることができれば相当色々買えたんだけど手元に読むのが多すぎるのとまぁそれでも相当キンドルで買ったんだけどセールの規模がデカいからジャンル関係なく全部見ようと思ったら8000冊近くあるんだよね。

 

でもまぁセールだからっつって買うのもましてやそんな思想プロパーなんだろ?って感じでセールとかじゃねーだろっていうことなんだけど(笑)まぁでもそこはあるじゃないですか。んでまぁ2000冊ぐらいまでチェックしてまぁラノベとか漫画が大半なんだけど大体まぁウィンドウが50個以上常に空いてる感じだと思うんだよね。マルチタスクっつーか特に俺みたいなADHD系のやつだとゲーム実況動画とエロサイトとドキュメンタリー途中までと映画途中までとお笑い途中までとまとめサイト途中までと芸能ゴシップ途中までとニュース途中まで・・・みたいなのが永遠に続いてんであとウィキとかだよね。まぁ100近く行くこともあるんだけどまぁ今使ってるのがゲーミング用のハイスペックだからそんだけ開いてても色々やれるんだよね。動画の再生が遅いとかってこともないし重くならないんだよね。

 

んでまぁそのままディビジョン2のデイリーミッションとかやるとさすがにカクつくけどやれなくもなくてまぁただSpecializationポイント三つほぼ追えちゃってもうやることないからやってなかったゲームってことでなぜか急に思い出してだいぶ前に買ったドラゴンズドグマのアライズンね。それやってたりするんだけどまぁ30分ぐらいで飽きてまたすぐ他のことに戻るんだけどあとまぁあれだわ、Studio Oneも起動中で曲も作ってる最中みたいなね。まさに俺の頭の中そのものなんだよね。これが永遠と続くから安定剤とか抗ヒスタミン剤を相当飲んで脳を鈍らせないと寝れないんだよね。

 

ただまぁ鬱になると全然もう何もほぼ動かなくてまぁやっぱ躁鬱っつーかまぁタイプ3だかの躁がそこまで凄くないマイルド躁鬱みたいな感じなんだよね。ただまぁ鬱は躁が凄い人ともあんま変わらないと思うんだけどまぁ道踏み外さないからいいんだけどね。これでまぁ躁がヤバかったらいきなりイスラエル見てくる!とか言い出して急にイスラエル生きかねないからね(笑)それはウォール伝的にはめっちゃ面白いんだけど今はまぁ昔と違って生活があるからね。それでやれてるというところしかないからそれが無くなったらダメー!なんでってまぁトムブラウンみんな好きですよね。まぁ本当に最高でしょう。久々にこれ!っていうコンビが来たよね。ただこういうのもいちいち見た後書いてた気がするんだけど書かなくなったよね。

 

にゃんこスターについてとかめっちゃ長く書いてたのに当時(笑)まぁ今は今でいいんですけどね、あーんで話終わらないんだけどまぁいいや。なんかちょっとずーっと令和スペシャル書き過ぎててんでまたインプットの波が来てるのかもね。ほとんど眠気が来なくて永遠と調べてるか本読んでるかっつーんで普通まぁ眠くなるかまぁちょっと疲れてムラムラしてきたりするかあとはまぁゲームやりたくなるかっていう怠惰な感じなんだけど今はかなりハイパーモードになっててまぁそういう流れでブーバーとかが来るからヤバいんだよね。ピンポイントで思想が頭に入ってくるかの如く頭に入ってきてまぁこういうときというかまぁそれってそういうモードもあるんだけどそれなりに考えてきたことと問題意識とこれじゃね?みたいな感じとかっていうのが無いとフラグ経たないからじゃあずーっとこれを維持するためにコカインやればいいのか?というとそういうことでもないんだよね。

 

ただまぁ何回か先生に頼んだっつーかまぁダルすぎるからリタリン的なのはやっぱり無理なんですか?っていうとまぁ今通ってるところはいつも書くけど良心的なところというか滅多にいない良い先生でむしろ薬をやめてくださいという方針のところだから基本相当マジで必要ないと出してくれないんだけど今はリタリンの乱用とかが問題になったっつーのもあるんだけどまぁ相当規制があれでまず処方する病院は特殊な許可書というかなんかまぁーサンクション的なのが必要でなおかつ処方される側は車の講習会みたいなビデオ見させられるみたいなそういうところに行かないといけないらしいんだけどまぁどの道ダメですよね。いや、処方されないというよりそれを常用するようになったら結構終わってるってことですよね。

 

っていうか連続更新の効果なのか気にしないとか言いながら何気に見ているアクセス数がたまたまかもしれないけどピーク時ぐらい並にアップしてるんで(笑)まぁそれってあれだよね、まぁ頻繁に更新してればアクティブなんだなって思われるっていうまぁグーグルのアルゴリズムでもあるんだけど見てる人もまた更新されてないかなって戻ってくる率が高くなるということだよねっていうかまぁそういうの気にしだすとアレだからやらないことにしてるんだけど10日頑張った甲斐があったな!っていうことでまぁやっぱ頻繁に更新したほうがいいなっていうなんかメンタルもそっちのほうが良い気がするしねっつってもまぁまた一気に更新しなくなるかもしれないけどまぁそんな感じで令和スペシャルエキストラな感じで分けますわっつってもまぁ次で終わりぐらいなんだけどまぁ5000文字以上になるとさすがに読むの面倒になるもんねってまぁそんな人は最初から読まないか(笑)

 

5000字でも十分長いのにデフォが一万字になってる俺というのもおかしいなと思うわけでその辺のバランス取りも必要だなってことでね。

 

ってことでそんな感じで唐突に続きますんでんじゃまた。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽のある暮らしへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ