ウォール伝、はてなバージョン。

革命家/修道士による日々の思索を頭をクリーニングするかの如く書き連ねるブログ。

トカトントン。その2。

ってことで続きをば。語尾の「ば」っていいよね。なんか。

 

じゃあなんなの?っていうと言葉で説明できるほど読んでないし詳しくもないからアレなんだけどまぁ美学だよね。かといってもそれが美学だといって島流しにあってるわけでもないのに島流し風を装うのはフェイクの最たるもんで最悪なんだけど(笑)ストイックに自分の収入だけでやってます!っつっても実家金持ちだったら説得力無いのと同じだよね(笑)ただまぁ昔と違ってその機材持ってるだけですげー!っていう感じでもないから金がどうので差がつくってのは昔ほど顕著ではないよね。ただまぁあれだよね、絶望を語ってても仮にそれが実存的だったらいいんだけど貧しいみたいなところだったりするのが実家は金持ちだったりするとそれってただの詩人ワナビーじゃん!とかってことにもなるよね。

 

別に芸術家とか詩人は貧しくないといけないなんてことはないからまぁそれはいいんだけどさ、ただまぁんであれだ、書くこと思い出したけど馬鹿にしまくってた断捨離の本とかをキンドルでタダで読めるやつに限って適当に読んだりしてるんだけどまぁ本当に苦手な世界っていうか論理があればいいんだけどごちゃごちゃしているということとスッキリしているということを色々買ってしまうということと厳選して買うということっていうような全く別の概念を混合したりなんかしててごちゃごちゃしてるように見えても厳選して買ってる俺みたいな人もいるわけでさ、まぁそれ言い出したらああいう俗っぽい本なんて突っ込みどころだらけなんだけどあとまぁ笑っちゃったのが本の所有欲を我慢して図書館で読める本は図書館で読むなり借りることにする!みたいなのがあってまぁ俺も一時期は図書館通いしてたけど図書館通いを始めて30分かかるのでエクササイズ代わりになりましたとか(笑)それって断捨離と関係なくない?っていうようなまぁそんな話どうでもいいんだけどね。

 

あと断捨離始めたら古い使わないものを綺麗にすることで空間が洗浄されて風通しがよくなることで運気や金運も上がる!みたいなことが普通に書いてあったりして(笑)断捨離と風水の特に俗っぽい風水の話とかを混ぜたりしててめちゃめちゃだなーとかまぁそういう本を全く読んだことが無いわけじゃないから相変わらずのバカっぽさだなとか思いつついつも書くように俺みたいに色々と消費しまくって例えばレコードにしても床が抜けるかも?ってぐらい買ったりしてんでフィジカルに体動かしてハシゴするとかさ、まぁあと本とか洋服然りだけどすげー時間とカネと労力を割いて色々やってきた結果、だんだんミニマリストっぽくなる!ってことなら分かるんだけどいきなりミニマリストってなんの経験もないままそうなるわけ?っていうレコード大量に買うとかっていうことでもそれに付随する経験とかがあるわけじゃん?まぁ今はストリーミングで済んじゃうってのもあるけどまぁただ逆にフィジカルのデマンドが上がったりしてレコードの需要とかがあるらしいけど埋没した結果のミニマルなら分かるんだけどデフォのミニマルだともうあれって一種の宗教だよね。

 

それをやることで徳が上がるとか金運が結果的に上がるっていうまぁそれは金を使わないから貯まる!みたいなことでもあるんだろうけど浪費の経験の有無ってのは重要だよね。まぁ俺は浪費だとは思ってないけどね。無駄なのは買ってないからね。んで何言いたいのか分からなくなってきたけど(笑)消費するものが無くなってミニマルにならざるを得なくなりつつあるという感じかな。ただまぁミニマルになることで幸福になる!なんてまさにカルト的宗教の論理ですよ。

 

逆に海外の映画とかでもよく出てくるような昔のSF物語のフィギュアみたいなのをEbayで2000ドルで買うとかそりゃ客観的に見ればバカじゃねーの?ってことになるけど本人はそれだけそれが欲しいわけだから金があって買えるというよりかは無理してでもそれが欲しい!と思えることのほうが幸福だと思うんだよね。まぁようは趣味ってそうじゃないですか?俺の洋服好きも趣味だからそりゃいいじゃないかってことにもなるんだけど着る機会が無いものが増えるとさすがにちょっと・・・ってなるよね。

 

ただまぁコレクターって結局はさ、俺はコレクターじゃないけどコレクターと言えるぐらい例えばフィギュアにせよ昔の模型とかにせよ情熱を傾けられる!ってのがあったらもうそれが最強ですよね。金があるなしじゃなくて好きなのがあるかないか?っていうそれに尽きるよね。まぁそういうのをやり続けた末に無くなった場合、まぁそれはそれで色々なことに没頭してきたからそれでいいじゃないかってことになるよねってまぁ自己肯定するしかなくなるんだけど(笑)

 

太宰のトカトントンじゃないけど本当にそれが末期的になってるよね。別に意味なんてなくてもとりあえず楽しければいいやって思ってたんだけどここ数年の場合、意味も無ければ楽しくもないっていうことが圧倒的に多くなってるよね。頭の中で「つまんね」って囁くことが多くなってるよね。まぁそれが囁いたらそのつまらないものを見るとか聴くってことはやめて他のもっと面白いこととか興味があることに集中しようってことになるからいいんだけどただまぁ気晴らしですらもつまんねってのが出てくると逆にどう気晴らししていいのか分からなくなるんだよね。

 

ってことで続くんでまた明日。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽のある暮らしへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ