ウォール伝、はてなバージョン。

革命家/修道士による日々の思索を頭をクリーニングするかの如く書き連ねるブログ。

Komplete12導入!っていうかムスリムガーゼについてかな。分からん。その2。

では続きね。あ、んでまたアップしたんでって昨日告知した後だったか忘れたけどとりあえず貼るわ。

 

https://soundcloud.com/mimisemi

 

ってことで続きを。

 

あ、んで何書くのかほとんど忘れてたけどKompleteのアプデがあってっつーか去年ぐらいに出てたんだろうけどまぁチェックしてなくてKomplete12ってのが出てるんだよね。まぁ大半使わなそうな機能かただまぁ色々遊べるから新機能試すためだけのトラックとか作ると思うんだけど元々Ultimate買ってるとバージョンアップが割と安いんだけどそれでもまぁ結構するんだけど900ギガ近いらしい中身を考えれば妥当な値段だなっつーかまぁDTM感覚が昔のままだから(笑)安い音源一台買うぐらいの値段でほぼ無限みたいなワークステーションを手に入れられると思うと全然安いと思うんだけどまぁそれで買おうと思って調べてたらアップグレートバージョンのフィジカルがイケベだと思うんだけどアマゾン経由で半額なんだよね(笑)

 

音楽系とかってしょっちゅう半額セール!とかってメールが来るけど三万ちょいでアプデできるんだったらあんま曲作らなくてもいじるだけでも楽しそうだよね。あとまぁKompleteをキーボードでいじれるコントローラーとかもあるみたいなんだけど本だらけで置く場所ないんだけどまぁありゃ楽しそうだよね。あとまぁよくあるMPCのパッドみたいなやつにアサインしてリアルタイムで作っちゃう!みたいなダブステップとかでよくやられてるようなああいうのとかまぁ本当にお手軽に作れちゃうよね。

 

何よりやっぱりより作ることへの敷居が下がってるからツールの需要が高まるから単純に値段下がるんだよね。で、より手が出しやすくなって誰でも買えるような値段だから誰でもダブステップ作れちゃうっていうまぁここ10年ぐらいの流れってそんな感じだよね。ストリーミング時代だから3分ぐらいの派手なやつとかをパーッと作ってアップロードしたり販売するっつーようなサイクルが早い感じだよね。

 

でもまぁ誰でも作れる=トラックが増えるってことじゃなくて相変わらず8割ぐらいはどんなジャンルでもゴミだよね。本当に良いのを作れる人は限られてるって意味で音楽制作の民主化=一億総クリエーター時代!ってわけでも無いんだよね。音楽が好き!ってだけでも作れないしただのテクだけあって作れる人がいてもそこまで音楽好きじゃないんだろうなとか聴いてきた音楽の浅さとかが露呈してる感じとかまぁ基本軽チャーだよね。まぁそんな表現どうのなんつーっていう時代じゃないんだろうけどまぁ結局音楽って原理的にプリミティヴよね。

 

複雑なことが簡単にできるようになったり選択肢が増えても結局どういうものを作りたいか?っていうイメージだよね。まさに今の俺が作ろうとしてる頭の中にあるイメージってのが大事っていうかほぼそれだけだよね。アイデアなのかイデアなのかまぁとにかくそれを顕在化させるってのが表現ってことだよね。かといっても表現なんつーと大層な感じがするけどキリスト教がマイブームでそれにちなんだモチーフのやつを作りたい!とか去年で言えばギターがマイブームでギターノイズやりたい!とかまぁそういう衝動ですよね。

 

そういうやりたい!ってことが軸にある音は強いよね。形だけ模倣したものとか形式だけみたいなのとは違う人間臭さというか大里俊晴の「マイナー音楽のために」の帯にあるような「そうだ。魂だ」っつーところだよね。それって別にアウトプットの形式が洗練されてる必要はないんだよね。

 

そういう魂を出そうとして必死になってる感じってのが意図的に出すというわけじゃなくてそうやって取り組んだんだろうなっていうのがまぁ出るでしょそういうのって。まぁそこだよね。逆にそれが無いとどんだけ上手くてもただ上手いねとか凝ってるねぇーとかっていうそれだけになるんだよね。まぁでもそういうのが大半なのも頷けるよね。そんな「魂だ!」なんて言えるほどのものを持ってる人がどれだけいるのか?ってことでしょ。

 

で、それを持っていても表現する術を知らないとか表現する方法に出会ってない人たちもいるっていうわけで表現方法と魂が一致して出力されたものなんてものの絶対数は限られるよね必然的に。あとまぁそれ出しきったら終わっちゃう場合もあるから魂を持ってた人でもある程度やり尽くしたらもう無いよねってことにもなるよね。ある程度やりたいことをやりきって解散するバンドとかユニットとかあるけどまぁそりゃそうだよねって思うよね。

 

そんだけやってればやり尽くしちゃうよねっていうただまぁそれってやり尽くすまでやり尽くしたっていうことが重要なんだよね。そこまでやれたってことが一番重要だよね。それが売れたとかアクセス数稼げたとかそんなことじゃなくて人生の中でそれを突き詰めて満足するまでやれたっていう体験に尽きるよね。

 

やっぱりまぁその体験に尽きると思うんだよね。承認欲求なんてましてやネット時代には病理みたいなものなわけで多くの人に聞かれたい!っつーことより軸は自分のやりたいことをやる!っていうそれに尽きると思うんだよね。多くの人に聞かれたい!と思ってやってるようなのを聞きたいと思うような人もいないからね今は。

 

まぁそこで参照っていうかブラックメタル期からずーっと意識的に参照してたのがムスリムガーゼだよね。まぁもっと前から好きだったんだけどなんでそんなにムスリムモチーフに入れ込むの?っていう動機づけがよく分からないっていう(笑)んで出すもの出すもの荒すぎるっていう知る人ぞ知るアラブ音楽!みたいなのを現地でフィールドレコーディングしてきてそれをループにしてノイジーブレイクビーツかます!みたいなことをほぼやってなくてそれこそ中東っぽい音のサンプリングCDから抜いてきたものを永遠とループさせてそれにただリズム乗っけただけとかっていう手抜き具合がたまらんのよね。

 

上手くやろうとしてなくてそれこそ似たようなのいっぱい作るし二番煎じどころか三番煎じみたいな出がらしみたいなのも作りまくってるんだけどとりあえず膨大な録音を残してて死後もそれがリリースされ続けるっつーのがすげーよな!って思うんだよね。よくも飽きずにあんな大量の録音を残したなんてすげーな!って思っちゃうんだよね。

 

んで本人がすんげーアクティビストで中東関係のデモとかには必ず参加してたとかっていうことでもなくてむしろ中東に一回も行ったことがないみたいだしまぁそれと表現は関係ないだろうって本人も言ってたみたいだけどまぁそれはそうなんだけどだからこそより謎というかさ、なんかあったんだろうけどね。本人の中では。

 

ただ別に本人が熱心なイスラム教徒だったわけでもなさそうだしなんかそれでハッサンみたいなムスリム名があるぐらい熱心な信者だったとかコーランの研究をしてたとかそういう感じでもなさそうなんだよね。まぁ普通の人よりかはそりゃ研究してただろうけど偏愛とも言えるぐらいの狂信的なものから来ている表現でも無いって言うところがまたミステリアスで良いんだよね。なんでなの?ってのが本人が早死にしちゃったから分からずじまいっていうね。

 

ってことでまだ続くんだけど書いてないんですよね。Komplete12届いてインストールしたからまぁ感想なんかをってほどまだ触ってないんだけどまぁいい感じですね。かなり。

 

そんな感じでんじゃまた。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽のある暮らしへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ