ウォール伝、はてなバージョン。

革命家/修道士による日々の思索を頭をクリーニングするかの如く書き連ねるブログ。

やりたいことがあってもつまらないというね。

ここ数年の金の消費っつったら無かったけどそのおかげで欲しいものがだんだん無くなってきて例えばまぁ本にしても啓示があった12月から大量買いして以来、凄まじい積読になってるから仮にほしいのがあってもブクマするとか欲しいものリストに入れておいてすぐ買うのはやめてるんだけどただまぁ改めて思うのは自由に使えるお金の有無関係なくやっぱりまぁ自分は消費することでなんとかやってきたんだなってのを思い知らされてるんだよね。

 

まぁなんかでもあれですよ、浪費とは違うんだよね。あんまいらないんだけど金を使うことが目的化していらないものを買ってしまうということではなくて本当に欲しいとか必要なものを買ってきてるしそれは昔から変わらないんだけどこれはまぁ趣味と同じでだんだん無くなってくるんだよね。

 

まぁ普通というとアレだけど例えば10年前熱心だったものを今でもやってるか?っていうと大半の人がそうじゃないと思うんだよね。まぁ自分の場合、趣味に生きてるからそれだけ消費が早いということではあるんだけどまぁでもそれはサイクルの問題でしょう。普通だったら5年ぐらいやれそうなのが俺の場合1年も持たないというね。

 

これはよく言うことだけど一番の節約というか倹約って我慢せずに欲しいものを買いつくすっつーことなんだよね。まぁでもそれはモノによりますわな。自家用ジェットが欲しい!とか高級車が欲しい!とかってことになるとアレだけどミレニアル世代って車だの高級腕時計だのそういうのに金を使うっていう感じじゃないじゃん?あくまでまぁ自分っつースケールに立脚した物欲だよね。それがグッズ的なものであれガジェット的なものであれそりゃまぁ多く買えばなかなかの出費になるけど一点で100万以上行くってあんまりないじゃん?

 

まぁその趣味にもよるんだけど趣味に生きてきている場合、いつかは無くなるよね。やっぱ。俺で言うとやっぱりまぁレコードとかCDってのが昔は中心だったわけなんだけど今はストリーミングとかもあってっていうより今はっつーよりCDとか買わなくなって久しいんだけどただまぁ色々と買いつくしたってのがすでにもうだいぶ前からあるんだよね。まぁこの話はいいか。いつも話してるからな。

 

結局色々と便利になって過去では凄くコストがかかってたものが今はそうでもないか実質タダみたいになってるのも多いっつー中でそういう分の諸経費が浮いてるから他に回せるっつーんで他に回すんだけどその他すらも無くなった場合、次に何があるのか?っていうと無いですよね。マジで。でもあれですよね、昔はモノにお金を使っていたけど今は経験とか飯食うとか旅行とかそういうのにお金使ってますとかっていいと思うんですよね。

 

ただまぁモノとなると例えば物理的に主に本だけど部屋に入りきらなくなるとかさ、まぁ思い切って捨てるしかないんだけど本が何千冊ってあると大体読んでるにしてもそういやこれ持ってたっけ?なんつって再読してみるかってことになると自家製図書館っつーかさ、相当新しいトピックでもない限りそこまで買う必要もないというかね、まぁそれでも本自体が好きだから買うんだけどまぁだいぶ買いつくすというか買っても今あるやつをまず読まねば!ってことになるとなんかもう7月だしずーっと本読んでるけど一向に進まないというか色々と脇道にも逸れてるってのがあってただまぁようやく基礎の大枠みたいなのが掴めてきたのとあとキリスト教史的なものも何冊も買うとそりゃ内容は重複するからまぁそれが予習になっていいんだけどゼロからじゃないから読むのも早くなるよね。

 

それはそれでいいんだけど物欲というか欲しいものってのはまだまだあるけどさ、でも尽きてきてるなってのはあるからなんか無いの?他に?ってことになると見事にないよね(笑)あれやってみようこれやってみよう系も無くなるよね。ゲームにしてもやったことないからトライしてみるなんてのはだいぶ前からやってるから大体興味があるものは一通りやるようになってただまぁそうなるとモノがFPSであれRPGであれ飽きてくるよね。新作にもそこまでときめかなくなるよね。まぁ大人になったら大体そんな感じになる人も多いっつーのも分かるんだけどただじゃあ若い時にそれでやっていけたっていうのが無くなってきたらどうするの?ってことだよね。

 

まぁそれは趣味がある全般の人がどうなのか?ってのは知りたいってのはあるけどね。オーディオマニアとかPCマニアとか車好きとかバイク好きとかさ、ただこういうのも上を見たらキリがないから予算内でそれでもかなり無理してローンとか組んで買ってるっつー中でも例えばそれが二十歳過ぎぐらいから趣味がこれなんですってことになると40過ぎとかになってもそれにハマってるのか?っていうと好きなままではあるんだけど色々と買い続けてるか?っていうとその人の収入とかどんぐらいつぎ込んでるかにもよるんだけど大体買えちゃってるんじゃないのかな?ってのはあるよね。

 

そういう言わば人生の主軸であったようなものをある程度満足するまでやり尽くした場合、多感な10代の頃とか20ちょっと過ぎぐらいに自然にハマっていったようなものをやり尽くした場合、今は若いころほどは多感じゃなくなってるっつー中で次は何があるのか?ってことだよね。そこでまぁ通俗的な雑誌の場合、「オトナの趣味」だとかなんだとかっつってなんか高級時計しか浮かばないんだけど(笑)まぁこれもただの洗脳なんだけどミレニアル世代にそういうのって通用しないよね。

 

だからミレニアル世代的な人たちも結構アラフォーとかになってきてる中でもっと上のおっさん世代とかがおっさんならではの趣味としてやっていたっつーようなのが全然響かない世代にとってのアラフォー的な趣味とか若い時だとこれは無理だっただろうなっていうのが可能になっているっつー中でやる趣味って一体何なんだろう?って思うんだよね。

 

結構そのアラフォーあたりって瀬戸際っつって良いのか分からないけど色々とシフトしていく時期だと思うんだよね。んでまぁ俺の場合、やることはあるけどこれといった娯楽が無い!っていうのをだいぶ前から言ってるけど相変わらず無いよね。それは。といっても今は宗教関係の読書があるからなんとかなってるけど毎日そればっかっつーのもたまになんか息抜きでもしたくなるじゃん?サブジェクトにどんだけハマっていようがリフレッシュは必要だよね。でもまぁそれが無いんだよね。

 

ゲームはすぐ飽きるか短時間というか短期間でやり尽くして例えばシーズンパスとかあってもシーズンパスの更新とかが来る前にもう飽きててやらなくなってるってのが多いよね。CODとかBFも新作出てももうあんまやらないだろうなってのはあるよね。だからまぁもうゲームは息抜きとしてはほぼカウントできないんだってことになるとんじゃあなんか無いのか?ってことになるんだけど見事に無いよねー。あとまぁなんだろう、例えば半分教養というか一応歴史を知っておくためっていう意味でのクラシック鑑賞なんかも趣味というほどではないよね。

 

ってことでちょっと長くなったから分けるわ。分けることでの更新日数の割り増しは今後鉄板になるな(笑)

 

ってことでんじゃまた。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽のある暮らしへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ