ウォール伝、はてなバージョン。

革命家/修道士による日々の思索を頭をクリーニングするかの如く書き連ねるブログ。

外出と外食は脳にいいですね。結果的に。

新しいやつ作ったのとあと前にアップしてたんだけど容量の問題で削除してたやつを再アップしたんだけどどういうタイトルだったか忘れたから適当にレクイエムって名前つけて再アップしたんでよろしく。

 

https://soundcloud.com/mimisemi/analogia-entis

 

https://soundcloud.com/mimisemi/requiem-1-introitus

 

いや、二か月ぶりぐらいにお洋服お買い物コースに行ってきたんだけど前にこの時代にアナクロなCDプレイヤー買ったっつったじゃん?いいやつじゃなくて安いやつなんだけどクラシック鑑賞ってまぁ別に宗教曲とかは別だけどそんなに関心が無いから聴くのが大変なんだよね。長いし。それでまぁウォークマンでボックスセットの例えばチャイコフスキーとか聴いたらいいんじゃね?って思ったらまぁ本当にあれですよね、いつも書くけど帰国してすぐに電車で意識高そうな大学生っぽいやつに「音漏れてますよ!」とかっつって偉い睨まれてから委縮というよりもう国が違うからウォークマンはダメだなってことでやめてたんだけどってまぁやめてないか。ただまぁ外出の頻度が低くなると同時にウォークマン自体使わなくなったんだけどただまぁ何が言いたいのか?っていうと電車で読む本とかってオツだったりするじゃん?自宅とは違う独特の集中力があったりとかそれは音楽然りなんだよね。

 

俺のウォークマンの鉄板なんてドラムンベースかハウスかテクノなわけでクラシックをウォークマンで聴くとか全然似合わねーな!って思うんだけど意外といいんだよね。家で聴くのと全然違うんだよね。んでまぁ意外といいじゃん!と思って聞いてたら充電してたはずなのにバッテリー切れで聴けなくなって一気にテンション下がったんだけど迷うよね。携帯用音楽プレイヤーを買うほど使う頻度があるわけじゃないしなんやかんやいってもまだ欲しい本とかあるしあとまぁ行けばやっぱこれはいいぞ!っつー服とかに遭遇するわけでっていうか何を書こうとしてたんだが忘れたわ(笑)

 

まぁ外出やっぱいいぞ!ってことですかね。あとやっぱ洋服のデザインを色々見るっていうことだけで脳がすげー刺激されてるっていう感じがあるし気に入ればそれを買うわけでこれはまぁいつも言うような虚しい消費じゃないんだよね。マジでまぁ本当に服との出会いがあって「おお!」って思って試着して買うっていうね、まぁただ洋服屋かメガネ屋ぐらいしか行くところが無いってまぁ行くところがあるからいいじゃん!っていう感じだよね。ただまぁ滅多に外出ないから疲れちゃうっつーのがあるんだけど(笑)あとまぁ飯の開拓はしたいなと思ってるんだけど色々と買うと早く帰りたくなるんだよね。んで買ったブツを見てニヤニヤするっていうまぁ洋服好きだったらみんなそうだと思うんだけどまぁただあれなんですよ、最近マジでデブってきたからいつも言ってた焼肉とか全然行ってないんだけどまぁ味覚の刺激って重要ですよね。

 

なんかまぁある意味で俺は鬱持ちなわけでいつも先生に言われるように小難しい本を家に籠ってずーっと読んでたら健常者でも誰でも調子悪くなりますよっつーことなわけでやっぱりたまに外出して洋服屋は必ず行くけど他にも飯開拓するとかね、あ、なんかまぁ今さらなんだけど今さらステーキっつーかいきなりステーキが意外と食えるって前に書いたっけ?今はだいぶ下火らしいんだけど和牛300食ってお持ち帰りでアンガスだかオージーのを買って別の日に食べるとかなんかまぁ肉って必要よね。

 

それ言い出すと甘いものもまぁ必要なんだけど自分の腹を見てるとカロリーが高いものを摂ろうと思わなくなるって言うかね、っつーかあれだわ、もう疲れたから寝るわ(笑)いや、今日ちょうど行って来たんですよ。んで昨日なんか色々書いてて更新しないまま寝ちゃって更新してないやつがあるんで唐突だけどそれを貼って今日は終わりってことでんじゃそれ貼るわ。

 

ってことで以下が昨日書いてたやつね。

 

続きを書けばいいんだけど冒頭に今思ってることとかを書いて結果的に続き自体が更新されないというね、それにしてもまぁー最近書いてることだけどいよいよ色んなものがオワコン化してきてるんですよね。何やってもつまらん!っていつも書いてるけどそれはちょっと間違いでまぁ音作ってる時と本読んでる時がやっぱ一番楽しいんだけどいつも書くけど厭世的になるじゃん?それじゃあ隠者まっしぐらだ!ってことでなんとか外に出るというか外界の良さを見出してそれを生活に取り入れていくということをしてきてるつもりなんだけど読書とか哲学というかとりわけ神学となるともはやここが今の俺の地なんだよね。サルクス的な?

 

ただまぁこの受肉にしてもサルクスにしても東洋思想から武道とかで体を動かしながら考えていた身体性っつーのに凄く繋がるところがあって色々と感嘆メイヤスーって感じなんだけどなんかあれなんですかね、外界に何かあるって思いたいってのはもはや幻想なのかな?っていうね、幻想ってまぁ言わば欲求のプロジェクションじゃないですか?写像って言うと炎上しそうだからプロジェクションって言うけど(笑)例えばなんかこないだっつってもまぁ家族との会話しかないんだけど新聞に永作ちゃんが出てて昔まぁ好きだったんだよね。

 

で、母に「今でも永作ちゃん好きなの?」とかって言われたから「まぁーそりゃ色々変わるよね。ただまぁ俺は一途だから変わらなくて吉高由里子はデビュー当時から好きで今も好きであと鳥居みゆきと何より能年さんだよ。能年さんは薄汚れた芸能界で無垢に輝き続ける女神のような存在でいやそれは芸能界っつーよりこの薄汚れたオワコンの世の中で輝く聖女みたいなもんでしょう」ってまぁそりゃ冗談半分で言うにしてもまぁこういう言葉がパッと出てくるあたり基本的に俺が能年さんに自分の理想的な女性の在り方っていうのを投影してるんだよね。んでそうであってほしい!と願っているというか色々あった割にまだ女性への幻想が捨てきれていないというかただそれ言い出すとロマン主義ってまぁ乱暴に言えばそういうことだからね。

 

っつーかあれなんだよね、お腹がモルダー君みたいにポヨポヨになってるからもうお薬飲んだんだけど寝る前の空腹ってのが本当にキツくてね、まぁこれを我慢しなくなったから一気に太ったってのもあるんだけど飢餓感があると頭が冴えるから眠くならないんだよね。まぁそれはいいか。んでなんだったっけ?あ、幻想ね。

 

まぁただ神ってのは幻想じゃないからね。イデオロギー化すると問題だけど父である神というのは考えてることがよく分からないけど受肉したとされるイエスが神なんだとすればって前にも書いたけど受肉することで分かりづらい神が考えていることってのを人間バージョンっつースケールでやったわけじゃん?で、厳密に記録が残ってないにしても教えは残っていてまぁ基本的に黄金律ですよね。もちろんそれを生活の中で実践するのは大変だし弱肉強食の社会では通用しないというかナイーヴと言われたりとかさ、中途半端な悪が多いからね。マジで。

 

だからそういうのとは距離を置きたいってのは距離はある意味ずーっと昔から置けてるからいいんですけどね、ただでもそうなるとMisanthoropyっつーの?スペルマが合ってるか分からないけどまぁ人間嫌いってことですよね。ブラックメタルに一時期傾倒してたっつーか今でもダーク系のアンビエントとか音響作るから別にサタンモードってのは弁証論的に存在してるっていうかサタンってまぁいつも書くけどコンテキストにもよるけど子供を轢いたのに轢いたことを認めない老害とかってまぁある種のサタンなんだけど悪とサタンってまた違うんだよね。

 

デモノロジー的なのってのがあってあとまぁあれなんですよね、cambridge companionってスピノザとかドゥルーズとか大体の思想家のが出ててまぁ質の高い一流の学者が書いた色んなトピックのアンソロジーみたいな感じなんだけど宗教関係ってヤバそうだなって思って調べたら40冊ぐらいあったかな?30冊ぐらいだったかな?まぁすんげー分量ありますわ。んでまぁすんげー細かいんだよね。キリスト教とかっていうような大きなトピック者なくて神学のおける悪の問題とかさ、三位一体論とかそんだけでコンパニオン出すんですか!っていうぐらい色々あってなんか気に入ったブランドのやつは全部持ってないと気が済まないのと一緒で読んでないってのが気が済まないんだよね。

 

だからまぁ相当な額になるけど洋服我慢して買うかなって思ってるんだけど例の上智の中世思想シリーズとか全然手を付けてないんだよね。だからまぁそういうの読んでからでいいだろうって思うんだけどまぁアマゾンで新品があるやつはあとで買えばいいんだけどマーカーとか引いてあって安くなってる中古本ってやっぱ狙い目であんま買う人いなさそうだけど塵も積もればですからね。人間なんて元は塵ですからね。旧約聖書によれば。

 

んでまぁお買い得だとそれなくなっちゃったら定価だからそういうのは支払いキツくなっても買うようにしてるんだよね。まぁただあんだけ読む本があるっていうか手元にもこんなにあってケンブリッジ・コンパニオンも宗教関係だけで膨大じゃん!ってことになるとまぁウキウキしますよね。

 

なんかそのウキウキがひたすら最近は知識欲とジーザスの徒になるための修錬に向けられて他のことがどうでもよくなってるんだけどまぁこれ推し進めると結局隠者じゃないですか?なんかそのバランスはどうなのかな?っていうね、あとまぁ凄まじい浪費をここ数年繰り広げてきたおかげで買うのがいよいよ無くなってきてるってのもあってさ、まぁただやっぱ月一洋服屋見て回るとかまぁ体を動かすっていうダイエットとして考えても体を動かすのは大事ですよね。

 

ただ最近意外と外出なくても大丈夫になってるんだよね。宗教曲とかクラシックを聴きながら読書ってのが鉄板になっててまぁぶっちゃけ金かからないし最強だよねこれって。本まとめて買っちゃえば出費ないわけでね。うわなんか今すきっ腹に寝る前の薬放り込んだら逆流してきやがった!でもダメだよ。そんなことするぐらいならだらしなくなった体の脂肪を使ってそっから栄養取ればいいわけで今の時代飢えないんだから脂肪ため込む必要ないんだって!もうちょっとテクノロジーが進むとこういうバランスとかAugumentで調整できそうだよね。

 

ただまぁアーレントはちょっと違うにしてもって一気に話変わるけどようやくボンフェッファーの本とか読んでるんだけどやっぱりマジな人の切迫した感じって感じるよね。あと心の愛人のシモーヌとかも今のくだらないアカデミアの自分のポジションしか考えてないようなどうでもいい文章と雲泥の差があるっていうかやっぱり命をかけているそれが革命家であれ右翼であれそういう思想って凄いよね。ホント、そういうのに元気づけられるよね。

 

こういうものが広く読まれて考えたりされることはないんだけど例えば俺みたいに気づいた人はそういう貴重な思想化が残していた文章というのにミメーシスを感じて、まぁそれが進めば進むほど世俗と遠くなるんだけどそこはもう現代ジャパンを生きる在家の修道士として長く取り組むしかないっていうかもうあっという間に7月だし今年の思想的強度といったらないですよね。

 

まぁそれでも前にも書いたようにやることがあってもそれ=超楽しい!でもないわけでましてや難しい本の場合なおさらなんだけどさ、まぁそこそこ息抜きをしつつ基本はまず基礎を固めるっつーところですよね。イスラムとかユダヤ教も並行だからキリないんだけどそこはもう何十年単位で考えるしかないのかな?っていうところだよね。

 

ってことで続くのか分からんけどなんかまだ色々ありそうだからとりあえず続くって感じでんじゃまた。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽のある暮らしへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ