ウォール伝、はてなバージョン。

革命家/修道士による日々の思索を頭をクリーニングするかの如く書き連ねるブログ。

耳蝉ドットコムに変身後、闇に飲まれて今若干復活中。

今日こそ貼るかもしれんけどあれなんですよ、グーグルアナリティクスについて調べたりサイトマップがどうのとか言わばまぁ検索エンジンだとかまぁその仕組みですよね。んでこないだも書いたけど調べると結構ハマってくるっていうか面白い!というよりは「へぇーこんな感じなんだー」っていうまぁ自分の検索エンジンだのウェブの理解とかってネット創成期っていうか使い始めてからの時から全く進化してないんだけど今回のアクセス激減騒動で危機感を感じて調べてたらまぁ結構ハマったってことですよね。

 

別に個人のホームページの日記サイトの延長みたいなもんでそんなにアナリティクスとかに詳しい必要もないんだけどいくつか買った本がまぁ入門とは言え実践的に使えるっていうような感じでようはなんか企業とか通販サイトとかのウェブ担当の人が知っておきたい知識みたいな感じで別にそこまでのは必要ないんだけど買った本はちゃんと読まないと気が済まないっつー貧乏性なところもあってちゃんと読んでたらまぁそりゃだんだん分かってきますよね。

 

んでまぁ後に関係してくることなんだけど滅多にいじらないはてなの詳細設定のページとか見てたら今ならドメインがタダで取得できます!みたいなのがあってまぁ普通Proに以降したらドメインでやったほうがいいってことなんだけど正直まぁそこまでネットに疎いわけじゃないんだけどドメイン取ったから何なの?っていう感じだったんだけどまぁタダならいいかっていうかそれってmimisemi.comを取得するってことじゃね?って思ったら異様にやる気が出てきてんでまぁ色々設定して結果的にウォール伝のアドレスがmimisemi.comになったんだけどまぁなんか自己満足だけど自分の名前のドットコムってまぁ気分いいよね。なんかかっこいい(笑)

 

ただなんか企業とか個人事業主が取得するようなもんで日記レベルの人だったらいらないだろうっていうか相当金がかかるってイメージがあったんだけどそうでもないみたいなんだよね。いや、まぁ今回はタダだったんだけどまぁそれで取得させて更新させて金を取るってことは明確なんだけどんじゃあどんぐらいかかるの?っていうとそんなに明白に把握してるわけじゃないんだけど年に何千円っていうレベルではてなProと足してもそんなに大したことないなとか思って1年間タダなんだけどドットコム形式が気に入ったんで3年分更新したんだけど次回更新が2023年とかって出ると「どんな近未来だよ!」って思うんだけど1年分タダ+三年分ってことになるとまぁそういうことになるよなと思うと2023年なんてなんか車が空飛んでるイメージだよね(笑)

 

んで人間はパワードスーツの軽量版みたいな温度調節からスカウターみたいなのをデフォで持っててなんでも自動解析みたいなそんな感じですよね。フューチャーレトロですけども。まぁそれはいいや(笑)んでまぁドメインって何なの?ってまぁそりゃ何なのかはわかってるんだけど例えば個人日記レベルでもどういうメリットがあるの?とかって思って調べてたらまぁウェブのざっくりした情報でもいいんだけど例によってまとまったちゃんとした入門書みたいなのを読みたくなってドメインについての入門書を買ったんだよね。

 

んで今後はバリバリ検索エンジン対策していきます!ってことじゃなくて(笑)とりあえずそれが何なのか理解するってことなんだけどね、ただまぁなんか独自ドメインだと検索エンジンからの信用度が高くなるとか根拠はイマイチ分からんけどあれだよね、ようは初めて以来、そういう検索エンジンがどうのとかやってこなかったし知ろうとも思わなかったからこれを機に知っておけば今後便利っつーか今回みたいな事態が起きても原因と対策が分かりやすくなるもんね。

 

それが知識ほぼゼロだと今回みたいに1から勉強しなきゃいけない感じなんだけどある程度知っておけばやりやすいっつーかまぁどの道ウェブサービス使ってるんだから知っておいて損はないみたいなところですよね。ってことでまぁ耳蝉ドットコムが立ち上がったわけですね!特に何かやるわけでもないんだけど会社興した!っつーんで若干テンション上がるようなのと似てるかもね(笑)

 

んでなんかドットコムになったことで心機一転!とかって思ってたりっていうかグーグル関係について調べてるのとドメインがどうのとかってのを調べるのでまぁ結構時間持っていかれるよね。んで集中すると寝れなくなるから一応寝る時間って決めておかないと生活が異次元になり過ぎるんで一応寝ようと思ってる時間には寝ようと思ってるんだけどまぁもう眠気の兆しが一向に無くてんでまぁ結局かなり起きててさ、んでまぁ軽い躁状態だよね。

 

普段寝ると死んでるのか?ってぐらい起きないんだけど5時間ぐらいで起きてんでまたグーグル関係のリサーチって感じでさ、なんかすげーな?って思うじゃん?でもなんか時間が経ってくると時間差で気力が尽きてくるっていうか起きてから半日ぐらい経ってからすんげー眠気と寝不足症状が時間差で来るみたいなね、んでそっからなんか異様な自己嫌悪と嫌なことがフラッシュバックしてきたり日々スルー出来そうなことをすんげー重く考えたりっていう闇に飲まれるパターンですね。

 

もう本当にジェットコースターよ。今だいぶましになって書いてるんだけどあとあれね、闇に飲まれてるときにフィジカルで買ってる色んなCD聴いてあんま良くないと怒りが凄いんだよね。あんまりよくなくてもサンプルライブラリーを買ってるって思えばいいわけで(笑)断片的に使えるところなんて色々あるわけでさ、まぁそれがフィジカルの強みじゃん?

 

んでもまぁーあれなんですよね、あとなんか普段のダルさよりも酷い風邪っぽいダルさっていうかさ、この世の終わりですよ。マジで。昨日あんなに生産的だったのにっていうか結局ツケが回ってきてるっていうだからまぁデフォの双極性的な感じのはいいとして寝る時間には寝て起きる時間は決めてなくていいから日中調子が悪くならないぐらい死ぬほど寝るってのをやってないとダメだなって感じなんだよね。

 

んでも闇の体感時間といったらまぁ地獄でさ、んでもなんかしてないとアレだからっつーんでStudio Oneはほぼ常時立ち上げてあるから曲作りの続きとかやったりするんだけど「こんなクソ才能無いやつが何のためにこんなの作ってるんだ?」とかまた凄まじい嫌悪感が出てくるんだよね。もうなにやってもダメよ。そういうときは横になって調子が戻るのを待つしかないってマニュアル的に言えばそうなんだけど待てるほどメンタルに余裕が無いからなんかでごまかしてないとダメなんだよね。まぁその時間っつったらもう本当に体感的に地獄だよね。まぁ最近結構調子良かったからしょうがないのかなって感じだけどね。

 

治る治らないは別として本当に原因が何なのか?って知りたいよね。色々あるけど決定的な原因って結局分からなくてそうなる度に色々とググるんだけど「よくわかってません」って調べる度に行きつく回答にまた行きついて本当に脳に電極刺して常時メンタルエンハンス状態とかになれるならマジで電極刺したいよね。ただここも難して先進国の中流ぐらいなやつが生活の中ですさまじい地獄を味わうなんてなかなかないわけでさ、まぁ常時そういう状態にある人もいるかもしれないけどなんかまぁそんな中で環境とかが原因ではない原因不明の内発性の闇だよね。それに付随する地獄のような時間。

 

まぁただそれがあるから絶望の味みたいなのを感じられるわけだしそういう暗黒面を知ってるほうが人間的に深くなれるってのはあると思うんだよね。常時ハッピーだと相当軽薄な人間になりそうだもんね。まぁその辺のバランスが難しいですよねってことなんだけどね。

 

そこまで極端じゃないにしてもなんつーか抜いた後の賢者モードの時に感じるズリネタへの嫌悪感っつーか愛着があるぐらい気に入ってるやつだと「あー良いもので抜かせてもらった」って感じだけどイッたら即閉じたくなるようなのもあったりするじゃん?あの感覚に似てるよね。昨日まで熱心に取り組んでたり好きだったり続きをやろう!とかって思ってたのが賢者タイムの時に見るズリネタみたいに見えるっていうなかなか精神的にヘヴィーですよね。これは。

 

んでまぁ負のスパイラルがそうなったらとりあえず酒飲むとか永遠に終わらないようなオンラインゲームをやるとかとりあえず逃げるってことだよね。でもこれやってると永遠に逃げてるだけの生活になって主体性が無くなるんだよね。あと時間だけがガンガン過ぎていくから逃げてるってのが分かってるから失った時間をめちゃめちゃ惜しく感じるようになってさらにまたダメなスパイラルへ・・・ってことになるんだよね。

 

だからまぁなんか確固たるこれ!というミッションを持ってると強いんだよね。軌道修正できそうなタイミングでまたそこに戻ると平常運転に戻れるからね。まぁでもこの人生においての「これ!」を見つけることの大変さといったらないよね。「これ!」だけでやってきたような俺ですらこうなんだからね。

 

まぁなんか何を頑張ったのか分からないけど(笑)とりあえず休憩しようかなっていうかもう本読みたくなってるから回復したってことだね。本・音楽・映画は俺のライフラインだなって改めて思うよね。

 

ってことで今後とも耳蝉ドットコムになったウォール伝をよろしく。

 

んじゃまたねっていうか続きは適当なタイミングで貼るわ。もう2週間ぐらい経つけどね(笑)

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽のある暮らしへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ