ウォール伝、はてなバージョン。

革命家/修道士による日々の思索を頭をクリーニングするかの如く書き連ねるブログ。

激断捨離と母の言葉。

激断捨離中なんだけど今の家に引っ越してから一回も家で寝たことが無いっていうぐらい自分の部屋は倉庫と化してるんだけど倉庫というと聞こえはいいけどって良くも無いか。まぁあれなんだよね、数学の入門書やらPS2のゲームやらいらないもんも捨てないで整理するのが面倒だから色々と置いてあるんだけどなんか妙に整理しよう!という気になって整理し始めたらまぁ最近ダイエットせねば!ってこともあって体を動かさねば!ってのもある中でまぁ結構な運動量になるよね。あとまぁもう持ってたのに買っちゃった本に気がついたり逆に買おうと思ったら持ってたみたいなやつとか色々発見があるんよね。

 

ただまぁ自分のメンタルレベルが上がってるからもうこういうの読まないよなっつー本がかなりあって一気に捨てることにしたんだけどそうするとなんかスイッチ入るんだよね。もう徹底的に捨ててやる!って感じになってニューヨークに居た頃にヘビロテだった服とかも思い出として取っておきたかったんだけどまぁいらないわけでね、あとまぁなんつーのかな、整理整頓とは違った意味でのパズルゲームっつーのかな?大げさに言うと幾何学というか場所をいかに効率よく使うか?とか何を捨てるべきか?というのを考えるっていうのが結構面白くてリアルなんだけどヴァーチャルでやってるようなゲームみたいな感覚なんだよね。

 

体を使うっていう意味だと疲れるけどその分痩せれる!って思うと一石二鳥どころの話じゃねーなっつーことでね、ただまぁ量が膨大だから一日で終わるもんじゃないから何日もかけてまぁ最近なぜか朝方になってるから午前中は家に帰ってハードコア断捨離して疲れて帰ってくるみたいな感じなんだけど結構なエネルギー持っていかれるからあんま読書とかパワー使うことが出来なくなりますよね。ましてや暑いし。

 

んであれなんだよね、PS4のサマーセールとかいってまぁやるのねーなっていうかやるのはもう大体やっちゃってるからなとかって思ってたんだけどドラゴンクエストヒーローズをやってみようと思ってまぁ安いのがさらに安くなってるから全然ダメでもいいかなと思ったら激ハマりしてるんだよね(笑)やっぱりドラクエはおっさん補正っていうか子供の頃にやってたゲームのキャラが3Dでしかも喋る!とかね、それを無双ゲー的にアクションゲームとして動かせる!とかあとまぁ音楽ですよね。そういう補正が無い人にとっては普通のゲームなんだろうけどまぁスパロボみたいなもんよね。あの子供の頃に見てたマジンガーが大活躍してる!ってまぁスパロボの最新作は相当ダメらしいんでパスしてるんだけど(笑)まぁ思い出補正って凄いよね。

 

ノスタルジーとはまた違うんだけどなんかまぁ懐メロ聴く感じとかも分かるよね。90年代産のよく聴いてたもはやクラシックと言えるハウスとかテクノのミックスとかってまぁ懐メロみたいなもんじゃん?もうだって20年以上前だからね。聴くのはそんなのばっかだねっていうかまぁ主に聴いてるのは連日届く宗教関係のフィジカルなんだけど他と言えば東芝EMIが出してたStyleっつーミックスシリーズのキャプテンファンクのやつとかアカカゲのやつとかFPMのやつとかまぁこの三枚はありえないぐらいの名盤なんだよね。もう何回聞いたことやら。

 

CDの時間内に収めるためにバリバリエディットされてるんだよね。原曲だとリズムが続く部分が長かったりするのをバッサリカットして頻繁に展開するっつー仕様になってるんだけどまぁそのギュウギュウ詰め感が凄いのとまぁなんか景気良いんだよね。当時はもう氷河期とか言われてたんだろうけどこの三枚とも渋谷のHMVで買ったんだよなーとかまぁこれも実存的なノスタルジーですけどね。

 

あ、んで断捨離に戻ると読み終わった本とかを母とかに家に持って帰ってもらってるんだけどちょっと前に母が散らかった倉庫と化している俺の部屋を見るたびに寂しい気持ちになるとかいってまぁなんかモノがかわいそうだって言うんだよね。別に読み終わったらいらねーやっつって放り出してるわけじゃないんだけど整頓されてないからほったらかし感があるんだろうね。まぁ俺が断捨離の鬼になったのもこの母の言葉によるところが大きいと思うんだよね。

 

んでまぁ鬼断捨離ここ数日ずーっとやっててそしたら妹が血相を変えた様子で母が救急車で運ばれたっつーんでまぁ詳細は避けるけど車とかではないんだけどまぁ結構なケガをしたんだよね。手首が折れちゃってて頭とかも強く打っちゃっててもう混乱しかないですよね。救急車に同乗したのは妹だったんだけどまぁ俺は携帯とか持ってないから全く知らなくてさ、まぁまだ分からないんだけどスキャンの結果では頭蓋骨とか脳に異常はなくてまぁやっぱそれが一番心配よね。

 

なんかすさまじいタイミングだなと思ってさ、母の言葉で動かされて鬼断捨離してる最中に母が大けがとかなんのフラグだよ!って感じだけどまぁスピ的には転換期とかってことになるんだろうけど基本的に俺はマザコンというわけではないんだけど生活自体が母と妹依存でこの二人がいなくなったらやっていけないからなんか本当に大事にしないとアカンよなっていうかさ、なんか大変な状況で言うのもアレなんだけど今の生活はいいなと思うんだよね。

 

自営業だから家族が不可避的に密着してて良いことばかりじゃないんだけど例えば俺がアメリカにいたとして母が大けがしましたなんつったらまぁ穏やかじゃいられないよね。でも今って密着してるからいつでも会えるし見舞いにも行けるしっていうか入院はしてないんだけど骨折は診断次第では手術になるかもしれないんだけどどの道、全治二か月ぐらいなんだけどマザコン息子としては脳に異常が無いっていうのでもう神に感謝だよね。

 

いや、まだ分からないんだけどね。数日後にいきなり吐き気とか来たりとかってのがあるかもしれないらしいんだけど神の加護があるから大丈夫だろうと。んでまぁなんか平常を装ってはいるけどすんげー実は心配なんだよね。んでまぁ母が戻ってきたっつーんで家に戻って母と顔を合わせて憔悴した様子だったけどちゃんと喋ってるしそういう姿を見ると安心するよね。まぁまだ安心はできないんだけど。

 

んでまぁ見舞いって漢字が面白いよね。見に行って舞うっていうかまぁ鼓舞するってことだもんね。ドラクエで言うところのハッスルダンスっつーかなんつーかまぁでも実際に憔悴はしてて母も骨折自体は初めてだったらしいんだけど腕にギプスを着けてる姿なんて見たことなかったしただまぁちゃんと喋ってるっていうだけでなんかまぁ嬉しくなっちゃってさっつーのも変なんだけどこういうときって周りが暗くなったら一番ダメよね。

 

別に演じてたわけじゃないんだけどギプスなんて初めてだしなんかよくギプスに寄せ書きとかするじゃーん!とか急にテンション高くなってんでまぁ母は明日この仮ギプスは外しに行くからそんな寄せ書きを見られたら恥ずかしいから絶対やめてくれって言ってたんだけど「やだー!書く書く!」とかおっさんとは思えない子供みたいな言動で赤ペンで母のギプスに十字架を書いて「Jesus with us」って書いたんだけど「あんた英語は上手く書くよね」とか言われてまぁ確かに書き言葉だったらひらがなすらたまにおぼつかなくなる俺としては英語のほうが書きやすいかもしれないっていうか多分紙に文字を書いてる総量というのが英語の方が多いんだよね。学校自体が中二で行かなくなって大学は英語学校とかも含めてアメリカだったから英語書いてるほうが日本語をタイピングではなく筆記で書いてる量が多いんだよね。まぁその話はいいか。

 

まぁそんな感じなんだよね。手首が手術が必要になるレベルで酷く骨折してないのを祈るばかりなんだけど何はともあれなんつーか手首もそうだけど脳だよね。多分大丈夫だとは思うんだけどまぁでも俺もパニック発作でバス停でぶっ倒れたときは本当にヤバかったからなっていうか記憶が無いんだよね。バス停でパニック発作が起きていてもたってもいられなくなってウロウロしていたっつーところから記憶が無くてんで気がついたらヘルメット被ってる救急隊員の人が大丈夫ですかー?とか言いながら俺の頬を軽く叩いたりなんかしててあれなんで救急車っぽいところに乗ってるんだろう?とか思いつつまた一気にブラックアウトして次には病院のベッドの上っていう絵にかいたような気絶の経験なんだよね。

 

まぁその時は受け身無しで頭から落ちたらしくておでことか頬の傷が凄くてさ、まぁ脳に異常はなかったんだけど。それがまぁ19ぐらいの時かな。

 

っつーかなんか眠くなってきたっていうか薬のコンビネーションが今は良くて眠くなるんだよね。まぁ激断捨離で疲れてるってのもあるんだけど。ただまぁ本当に母が無事で良かったなと。

 

まぁそんな感じでんじゃまた。例の続きはまた適当に今度貼るわ。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽のある暮らしへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ